任意売却を決断するべき時期

任意売却を決断するべき時期

任意売却を考えている人は、いつまでも、競売か任意売却かで悩む時間があるわけではないことを知っておきましょう。
滞納を続けていると、まずは、督促状、催告書という、早く支払ってください、という書類が届きます。この時点であれば、任意売却は普通に間に合います。債権者との今後の返済交渉も穏やかに進むことが予想されます。催告書も無視していると、担保不動産競売開始決定が届きます。現実的にはここが、任意売却を開始する最終ラインです。これ以上、悩んでいると、通知書という、入札関係書類が届きます。ここまでくると、もう、任意売却を始めたとしても、間に合いません。
任意売却は早めに開始するほうが、債権者からの印象もよくなりますから、決断は早めに下しましょう。

 

任意売却を誰に相談すべきか悩んでいる方

任意売却を誰に相談すべきか悩んでいる方。
任意売却はもともと債権者・債務者、第三者などの間で利害関係が複雑に絡み合っているため、微妙な調整と細やかな合意の取り付けが必要で、任意売却成立のためにはかなりの苦労を強いられます。そこで任意売却専門の業者に委託することで、債権者と債務者のトラブルをなくし、スムーズな任意売却へと導いてくれるでしょう。そこで業者選びのポイントについてお教えします。ポイントはホウレンソウがしっかりしていることです。
今後の流れを説明し、なにかあればすぐに説明・報告してくれること、質問に対する的確な答え・アドバイスを出してくれること、任意売却後もいろいろと相談に乗ってくれること、などです。

 

Blog

Calendar